WORKS

SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど(双葉社)

転校を繰り返し、不登校にもなってしまった。思い焦がれた上京は、失敗した。生まれた町に、思い出の影すら残っていない。誰だって、願ったとおりの現実を生きるのは難しい。だけど。小学校低学年から30歳に至るまで、とある女性の人生に“ずっと”寄り添っていたのは、アイドルだった。雑誌やテレビ、ラジオでのSMAPの発言や行動から彼らの歴史を振り返り、同時代を生きたファンの目線とその思い出からアイドルの意味と意義を読み解く一冊。

※cakesでも連載(2017.8~2018.1)


モーニング娘。年代記(月刊エンタメ/cakes)

アイドルは時代の鏡――その時代にもっとも愛された者が頂点に立ち、頂点に立った者もまだ時代の大きなうねりに翻弄されながら物語を紡いでいく。今年20周年イヤーを迎えるモーニング娘。の歴史を、ニッポンの歴史と重ね合わせながら振り返る。娘。が見たニッポンの失われた20年。

※月刊エンタメ(徳間書店)とcakesの同時連載


地方民、エンタメを語る。(週刊女性PRIME)

近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげていくはず。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けする連載。


小娘のつれづれ(はてなブログ)

note


最新の執筆記事